雨の憂鬱。

雨の日はとても憂鬱な気持ちになります。

 

空梅雨の今年の梅雨ですが、お参りや外作務をする立場としては空梅雨はありがたい。

農家の方や園芸関係者、庭の植物たちにとっては迷惑な話かもしれませんが、これがいつわざる正直な気持ちです。

私が何より雨が降ると憂鬱になるその理由。

 

それは。

 

 

 

本堂の雨漏りです。

 

この冬の大雪で瓦がだいぶずれ、大被害を被った長松院ですが、雨漏りも予断を許さない状況となってきています。

おそらく瓦が割れているか落下してしまい、ダダ漏れになっているのでしょう。

ぼたぼた落ちてくる雨粒で本堂の畳はぐしょ濡れ。

 

 

直政公灰塚側の天井からも水が漏れてきており、屋根の下板にも問題が生じていると思います。

籠のところが一番ひどい状況で、家中のバケツや洗面器、ぞうきんを総動員して処置にあたっていますが、根本的な解決にはなりません。

このままでは天井が腐って青天井になってしまいかねません。

早急に修復にかかりたいと思いますが、まずはどれくらい費用がかかるかを調べてからですね。

先ほど瓦屋さんに早速連絡いたしました。

 

頭の痛いことです。

とほほ。

 

萬年山 長松院

〒522-0063 滋賀県彦根市中央町4-29

Tel: (0749) 24-3225