· 

辨財天御一行さまのお引越し。

コロナの影響でなかなか外に出ることが少なくなってきました。

そこで堂内や須弥壇上のお掃除、また法具の制作などを行ってきました。

 

そしてこれまでほとんど触ることをしてこなかった山門すぐ脇の辨財天堂も掃除することにしました。

 

が…

 

辨財天堂は電気も通っておらず、堂内も古くていたたまれなくなり。

思い切って辨天さま、並びに大黒さん、布袋さんに法堂内に引越ししていただくことにしました。

 

掃除しながらお身拭いしながらのお引越し。

2時間ほどかけて終了です。

 

 

法堂内に移ってこられた辨天さまたち御一行さまですが、よくよくみてみるといちばんの本尊さんである辨財尊天の名前札には『準弖(三水に弖)大聖隻身合体尊天』の文字が。

 

これは。。。

准胝觀音のこと??

 

 

一般に准胝觀音は十八臂のお姿が多く、また宝具を持っておられるのが多いのですが、この名札の脇には左右それぞれに『難陀龍王』『跋難陀龍王』の文字が。

 

 

また禅宗と准胝観音の縁は深く、また水の神である辨財尊天と龍王兄弟を侍者に従える准胝観音を同格と見て祀られたのかもしれない。

准胝觀音は元はドゥルガーというヒンズー教の女神で、武器を取り魔族を討ち果たしたという戦いの女神。

武器を持つ辨財尊天と類似点はあります。

 

長松院の辨天さまは琵琶湖にある島の辨天さまと関係が深いらしく、どうやら長松院の歴住の誰かが点眼(お性根入れ)をしたと弁天記に書かれているそうです。

 

ということで、准胝観音としてお祀りすることにいたしました。

准胝觀音さまは美しいそのお姿から觀音ではなく仏母であるとされることもあります。

そのためご利益は、修道者守護、無病息災、延命長寿だけにとどまらず、安産や子供が授かるなど母性慈愛に満ちたもの。

 

これからも辨天さまたちと一緒に長松院を見守ってくださいね。

 

現在、弁天堂に幕などを張ってもう少しそれらしくしようかな、などと画策いたしております。

またアップします。