紫陽花のおまじない。

今年も紫陽花の花が綺麗に咲いています。

毎年少しづつ移植していますので、鬱陶しい梅雨時期のささやかな楽しみです。

今年は鬱陶しい程雨続きではありませんので、水撒きに毎日勤しんでおりますが。

 

以前紹介しましたが、関西地方では6月の6のつく日、6日16日26日に紫陽花を奉書(半紙でも可)に巻いて東司(トイレ)に吊るすと、一年間下の病気にかからないとする風習があります。

私がそれを初めて教えてもらったのは、大阪にいる頃。

奉書に家族の名前を書いてそれで紫陽花を巻いて吊るすのだそうです。

こんな風に書いて紫陽花に巻きつけて、紅白の水引で巻きました。

 

だいぶとオリジナリティあふれる作品ですので、こんなんとちゃう!という意見があるかもしれませんがそこはご容赦ください。

 

お寺にある東司に吊るしておきました。

お寺で東司をお使いになられた際には確認して見てください。

今年も無病息災で過ごせますように。

 

萬年山 長松院

〒522-0063 滋賀県彦根市中央町4-29

Tel: (0749) 24-3225