ぽかぽか陽気のある日。

寒かった冬も峠を越えて、ようやく彦根に春がやって来たようです。

特に寒さが厳しかったせいか、もはや狂い咲きとも言えるほど花々は咲き乱れ、まさに百花繚乱の程。

 

 

今年は、桜と梅が同時期に開花。

なかなか見られる光景ではありません。

 

 

お地蔵さんとドラえもんの前はチューリップが開花。

なぜかチューリップがとても似合うドラえもん(笑)

 

 

墓地入口には菩提樹を植樹。

印度菩提樹ではなく、日本名夏椿、別名菩提樹。

熱帯地方の植物である菩提樹や沙羅双樹は日本の気候では寒すぎるため、別の種類の樹を聖樹として見立てたのでしょうね。

夏に可憐な白い花を咲かせます。

今はその準備期間。

 

 

庭で一番好きな瓔珞躑躅(ヨウラクツツジ)は白い花をほころばせつつあります。

春は白い花、秋は真っ赤な葉っぱで我々を楽しませてくれます。

 

 

この睡蓮鉢はハスや睡蓮を植えていますが、さて今年は咲いてくれますかどうか。

まだ静かに眠っているようです。

 

もう少ししたら、師寮寺より蓮の根っこが到着する予定です。

乞うご期待。

 

 

萬年山 長松院

〒522-0063 滋賀県彦根市中央町4-29

Tel: (0749) 24-3225